トラネキサム酸の効果がすごい!美白に最適で副作用もなし!

トラネキサム酸の美白効果

美白成分といえば「肌の漂白剤」とも呼ばれているほど美白効果が高いハイドロキノンを思い浮かべる方も多いかと思います。

ハイドロキノンの効果や副作用については「使う前に絶対に知っておくべきハイドロキノンの副作用」で詳しく解説していますが、肌の一部だけ色が飛んだように白くなってしまう白斑や炎症後色素沈着(黒ずみの悪化)など、副作用の可能性もある成分なんです。

美白効果が高いぶん、副作用の心配もある成分なのですね。

そこで近年注目を集めている美白成分が、厚生労働省から効果と安全性を認められている有効成分「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸はデリケートゾーンの黒ずみ解消にも最適で、イビサクリームの主な美白成分としても配合されているため、イビサクリームでケアをしていくなら安全性も効果も高い成分で効果的に黒ずみケアをしていくことができますね。

この記事では、トラネキサム酸の効果や副作用について詳しくまとめましたので、成分について詳しく知りたい方はぜひ参考にされてみてください。

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、肌の炎症を抑えたり黒ずみやシミ、くすみなどの原因になるメラニンを作る色素細胞「メラノサイト」の働きを抑制する効果があります。

ハイドロキノンは欧米で開発された成分なので日本人の肌には刺激が強すぎて炎症などを起こしてしまうこともありますが、トラネキサム酸は1932年に日本の医者によって開発されているため、日本人の肌にも合いやすいのが特徴のひとつですね。

また、医療機関では美白を目的に処方するのではなく、抗炎症や抗アレルギー、止血作用などがあることから、湿疹や蕁麻疹、止血剤として処方されています。ちなみに、医療機関では「トラネキサム酸」ではなく「トランサミン」という名称で処方されているようですね。

トラネキサム酸で黒ずみが解消できる仕組み

肌が黒ずむ仕組み

  1. 乾燥や摩擦などによって肌が刺激を受ける
  2. ケラチノサイト(表皮細胞)で活性酵素が発生
  3. プラスミン(情報伝達物質)がメラノサイト(色素細胞)にメラニンを生成するように信号を送る
  4. 生成されたメラニンがメラノサイト細胞内にあるメラノソーム(小胞)に蓄積
  5. メラノソームからケラチノサイトにメラニンが受け渡される
  6. 黒ずみが発生

簡単に解説すると以上のような流れで肌が黒ずんでいきます。

ポイントは、刺激を受けることでメラニンを生成する色素細胞「メラノサイト」が活発に働くようになり、過剰にメラニンが生成されてしまうということですね。メラニンが過剰に生成されるとターンオーバーでの排出が追いつかなくなるため、皮膚に残ったメラニンが色素沈着を起こして肌が黒ずんでいってしまいます。

トラネキサム酸には、抗プラスミンという作用があり、この作用によって上記の仕組みの3番目「プラスミン(情報伝達物質)がメラノサイト(色素細胞)にメラニンを生成するように信号を送る」というプラスミンの働きを阻害することができます。

つまり、黒ずみの原因になるメラニンの生成(メラノサイトに送られる信号)をブロックして、メラニンが過剰に生成されるのを防ぐ効果があるのですね。

その結果、皮膚にメラニンが溜まらなくなり、ターンオーバーによってメラニンをどんどん排出していけるようになります。メラニンを排出していければ肌は本来の綺麗な色に戻っていくため、トラネキサム酸には美白効果があるのですね。

トラネキサム酸に副作用はない?

美白効果が強い成分だと気になるのが副作用です。

しかし結論から言うと、イビサクリームのような塗るタイプのトラネキサム酸は副作用の心配はありません

塗るタイプというのは、トラネキサム酸にはクリームなど塗るタイプのトラネキサム酸と口に含んだり注射をしたりなどして内服するタイプがあるからですね。

内服タイプのトラネキサム酸では、食欲不振、胃痛、胸焼け、嘔吐、発疹などの副作用も報告されています。ポイントは、体内に入れるかどうかという点なので、塗るタイプのトラネキサム酸なら安心して使っていけますよ。

イビサクリームが副作用の心配なく美白効果も高いのは、安全で美白効果も高い塗るタイプのトラネキサム酸が配合されているからですね。

私もイビサクリームを1年以上使っていますが、肌荒れや炎症、黒ずみの悪化などが起きたことはありません。詳しくは「イビサクリームの口コミ【愛用者が語る人気美白クリームの効果】」でご紹介していますので、気になる方はご覧になってみてください。