イビサクリームは生理中に使ってもいい?

イビサクリームでデリケートゾーンの黒ずみケアをしていて悩むのが「生理中でも使っていいの?」ということ。

購入する前はそれほど気になりませんが、実際に使っているとどうすればいいか迷ってしまいますよね。

ただ、結論から言うと、「生理中でも使ってもいいけれどパッチテストをしてから使ったほうがいい」です。

生理中はどうしてもホルモンバランスが崩れてしまいがちですし、普段とお肌の環境が変化したりすることがあるからです。

美白クリームだけでなく、化粧品でも普段は問題ないのに生理中だとなんだか合わない感じがすることってありますよね。

この記事では、より安心してイビサクリームを使うために生理中の使い方についてまとめましたので、参考にされてみてください。

生理中に使う場合はパッチテストをしよう!

イビサクリームの使い方

冒頭にも書きましたが、生理中は女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスが変化して、そのホルモンバランスの変化が体調にも影響がでることがありますね。

そして基本的に体調と肌環境は直結しています。

寝不足だと化粧ノリが悪くなったりするのと同じように、ホルモンバランスが変化すると肌環境にも変化が起こることがあるのですね。

普段は全く問題なくイビサクリームで美白ケアができている場合でも、生理中に使用すると思いもよらない影響がでる可能性があります。

とはいえ、イビサクリームは低刺激処方なので基本的には生理中でも問題なく使えると思います。あくまでも、普段と肌質が変わっているから何かしらのトラブルが起こる可能性が少なからずあるというだけなので。

ただし、何かあってからでは遅いので、生理中に使う場合には二の腕の内側など、皮膚が薄い部分でパッチテストをしてピリつきや赤みなどを確認してから使うことをおすすめします。

生理中はホルモンバランスが崩れることから、普段とは肌質が変わる可能性があり。そのため、普段は問題なく使えていたとしても、イビサクリームがお肌に合わなくなる可能性がゼロではありません。

二の腕の内側などでパッチテストをすることで、生理中でもお肌に合うかどうかを確認できるので、パッチテストをしてからの使用がおすすめです。

Iラインは一旦お休みがおすすめ

パッチテストをして問題なければデリケートゾーンもケアをしていくことができますが、Iラインは一旦お休みすることをおすすめします。

生理中は主にVラインのケアがメインですね。

というのも、ムレも黒ずみの原因になるから。ムレると肌環境が悪化し不衛生な状態になってしまうため、雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、かぶれやかゆみなどを誘発して黒ずみやすい肌環境になってしまいます。

そうならないためにも、生理中(特に経血が多い段階)はIラインへの使用は控えたほうがいいでしょう。

黒ずみを解消するためには、生理中はできるだけデリケートゾーンの肌環境を清潔な状態に保つことのほうが重要です。