グリチルリチン酸2Kってどんな成分?

グリチルリチン酸2Kとは

グリチルリチン酸2Kはニキビケア化粧品や敏感肌専用コスメなどにも配合されていることが多い成分ですので、一度は目にしたことがある方も多いかと思います。

しかし、一体どのような効果があるのか、なぜ多くの美白化粧品やニキビケア化粧品などに配合されているのか、その理由をご存知でしょうか?また、成分名に「酸」という文字が含まれていることから副作用についても気になるところですよね。

そこでこの記事では、グリチルリチン酸2Kの効果や副作用について詳しくまとめました。

グリチルリチン酸2Kとは?

グリチルリチン酸2Kは「グリチルリチン酸ジカリウム」と読み、厚生労働省から効果効能が認められている有効成分です。

喉の炎症などを抑えるための漢方薬としても使われている甘草(カンゾウ)という植物の根っこから抽出したエキスで作られている天然成分で、カンゾウエキスには優れた抗炎症作用があるため、ニキビケアや育毛剤などに配合されていることも多いです。

グリチルリチン酸2Kに美白効果はない?

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kには直接的な美白効果はありません。しかし多くの美白クリームや美白化粧品にはグリチルリチン酸2Kが配合されています。

この理由はグリチルリチン酸2Kには抗炎症作用や抗アレルギー作用、解毒作用があるため、肌の炎症を抑えてダメージを回復させる効果があるためです。

基本的にデリケートゾーンの黒ずみなどは、ムダ毛の自己処理や下着との摩擦など外部からの刺激によってメラニンが生成されることで発生します。つまり肌ダメージを受けてメラニンが過剰に生成されることで黒ずんでいくということなんですね。

グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用がありますので、外部の刺激から肌を守り蓄積したダメージをケアしていくことができるのです。

その結果、肌を正常な状態に戻し健康的な肌状態に導くことができます。健康的な肌状態になればメラニンが過剰に生成されにくい肌になるため、結果的に美白効果に期待ができるということですね。

また、イビサクリームなどの美白クリームではグリチルリチン酸2Kだけでなくトラネキサム酸など美白効果が高い成分も合わせて配合されています。

グリチルリチン酸2Kで肌ダメージを回復させて健康的な肌状況に、トラネキサム酸で黒ずみを改善し美白に導くための黒ずみケアを、この2つが1本で同時にできるということです。

トラネキサム酸とは?

グリチルリチン酸2Kに副作用はある?

グリチルリチン酸2Kの副作用

肌に塗布するタイプであれば薬事法で100gあたり0.5%未満の含有量と定められているため副作用の心配はいりませんが、内服するタイプの錠剤などの場合、過剰に摂取することで偽性アルドステロン症という症状が起きることがあります。

偽性アルドステロン症は手足のしびれや高血圧、吐き気や頭痛などの症状が見られます。

化粧品や医薬部外品であれば薬事法で含有量が制限されているので問題ありませんが、医療機関などで取り扱う医薬品にはグリチルリチンの1日の上限値は定められていません。

そのため、医療機関でグリチルリチンを処方してもらう際には医師や薬剤師の指示を仰ぎ取り扱いなどには注意する必要があります。

グリチルリチン酸2Kは正しく扱えば安全な成分

グリチルリチン酸2Kが多くの化粧品や医薬部外品に配合されているのは炎症を抑える抗炎症作用が高いからだけではありません。安全性も高く安心して使える成分だからこそ多様される成分になっているのですね。

効果が高いという理由だけで配合しても、万が一副作用が出たという方が多くなれば商品の評判は一気に悪くなってしまいますからね。

イビサクリームであれば1日2回、朝と夜に塗り込んで正しく使用していけば副作用の心配なくデリケートゾーンの美白ケアをしていくことができますので、敏感肌の方でも安心して使っていけますよ。